【2019年最新版】ポータブルテレビのおすすめランキングTOP5を発表!

「お風呂で半身浴をしながら」「ソファで寝ころびながら」など様々なシーンで手軽にテレビを楽しむことができる「ポータブルテレビ」

 デジタル放送に限らず「BS放送」や「CS放送」が楽しめるものや、YouTubeをはじめとする動画配信サービスと連携できる機種も

選び方も解説しているので、ご自身のニーズに合ったモデルを見つけてください!

ポータブルテレビとは?

 ポータブルテレビの最大の魅力は、その携帯性(持ち運びやすさ)にあります。

通常のテレビは、設置場所のみでしか視聴をすることができます。しかしポータブルテレビであれば、「見たい場所」でテレビ番組を楽しむことが可能になっています。

防水機能が搭載されていれば、お風呂やキッチン回りで使用が可能。チューナーを内蔵しているタイプであれば野外でも楽しむことができます! 

ポータブルテレビの選び方

映像にこだわるなら「フルセグ対応」

 ポータブルテレビを選ぶ上で避けて通れないのが、放送形式です。

「放送形式」なんてワードが出てくると難しく考えてしまいがちですが、とにかく「ワンセグ」と「フルセグ」の2種類の放送タイプがあることを覚えてください。

  1. ワンセグ
    →移動しながらでも、しっかりとデータを受信できる
    →画質はあまりよくない
  2. フルセグ
    →移動しながらの、データ受信は苦手
    →フルハイビジョンに対応し、綺麗な映像を楽しめる

 「映像を綺麗に楽しみたい」というユーザーは、「フルセグ対応」のポータブルテレビを選んで間違いないでしょう

車や電車での移動中に視聴するなら「ワンセグ」

 「ワンセグ」は、スマホやカーナビなど移動する端末内でのテレビ視聴向けの放送形式です。

かつての「テレビ携帯」をイメージしていただけると分かるかもしれませんが、画質自体は悪く、画面サイズが大きくなると映像が粗くなってしまいます。

ただしその分、移動に強く動いている車内でも、電波を受信して映像を映し出してくれます。

また、バッテリーの消費量が少なく、長時間の視聴ができるというメリットも。

モノハック編集部
基本的は、「フルセグ対応」のモデルを選んで間違いなし。移動中にテレビを視聴したいという方は、「ワンセグ対応」を検討してもいいかも。ただし、最近では両方に対応しているモデルも発売されています!

お風呂で使うなら「防水対応」

「湯舟につかりながらテレビが観たい! 」なんてお望みを叶えてくれるのが防水対応のポータブルテレビです。

またキッチン回りにおいて、洗い物や料理をしながら楽しむこともできます。

 選ぶポイントとしては、IPX6~IPX7に対応したモデルがおすすめです。

屋内での使用なら「分離型チューナー」

テレビ映像を受信するには、「チューナー」という機器が必要になってきます。

ポータブルテレビには、チューナーがモニターと「一体になっているタイプ」と「分離されているタイプ」の2種類があります。

  1. 一体型
    →「屋外」での使用に向いている
  2. 分離型
    →「屋内」での使用に向いている

基本的には、高機能で綺麗な映像を映すことのできる「分離型」が主流になっています。

ただし持ち運びを前提としている場合は、一体型もチェックしてみるといいでしょう。

ポータブルテレビのおすすめランキング

大人気ポータブルテレビの各モデルから、モノハック編集部がおすすめする5モデルを厳選してご紹介していきます! 

【1位】2019年イチオシはこれ!「パナソニック プライベート ビエラ UN-10E8」

 

  1. 価格の目安:¥23,500~
  2. 画面サイズ:10V型
  3. 放送方式:フルセグ対応
  4. 受信可能放送:地上/BS/110度CSデジタル
  5. チューナー:分離型
  6. 録画機能:USBハードディスク(別売)
  7. 防水機能:〇
  8. 無線LAN:〇
  9. リモコン:〇
  10. ユーザー評価
    Amazon:4.2 / 5.0点(53Review)
    価格コム:4.56 / 5.0点(6Review)
  11. 発売年月:2018年5月
モノハック編集部
防水機能搭載でお風呂でも安心して観れる!映像の乱れもないので、快適にテレビを楽しむことができますよ!BSや110度CSにも対応。

価格

市場での価格は、¥23,500~となっています。ポータブルテレビの中では、平均的な価格設定と言えるでしょう。 

視聴に関する機能

 地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル放送のいずれにも対応しています。

地上デジタル BSデジタル CSデジタル

チューナーで受信した放送を無線でモニターに転送するので、アンテナのない部屋でも視聴することができます。

モニターはバッテリを内蔵。最長で約3時間30分の連続視聴をすることが可能です。

防水性能

モニターは、「IPX6/7相当」の防水仕様になっています。そのためお風呂場やキッチンなど水がかかってしまうような環境でも使用することができます。

モニターが手あかなどで汚れてしまっても、心配無用。薄めた中性洗剤で洗い流すことができますよ!

また防水リモコンが付属しているので、ボタンでチャンネル操作が可能です。

録画に関する機能

ハードディスクは内蔵されていないので、録画をする場合には別売の「USBハードディスク」を購入する必要があります。 

ハードディスク
DY-HD1000
(専用USBケーブル付)

USBハードディスクは、チューナーに接続。放送画質をそのまま録画するモードと画質を落として長時間録画を可能にしたモードの2種類を用意。

その他の機能

市販のS字フックを使えば、モニターを引っ掛けておくことも可能。お風呂場やキッチン回りなど、設置しづらい場所でも、うまく活用することができます。

製品の詳細(スペック)
型番 UN-10E8 
サイズ チューナー
W136×D119×H43mm
モニター
W254×D38.2×H179mm 
重さ チューナー
約0.3kg
モニター
約0.78kg 
画素数  1024×600
付属品 チューナー 
ACアダプター、mini B-CASカード、防水リモコン、単4形乾電池(2本)

ユーザーからの評価

 執筆時現在では、Amazonで4.2 / 5.0点(53Review)の評価を受けています。今回ご紹介する各モデルの中では、最高クラスの評価になっています。

口コミ

我が家は鉄筋コンクリート造りですが、受信感度が良くどの部屋でも綺麗に映像を映し出してくれます。お風呂では、吸盤フックで壁に固定して使っていますが、本体自体が軽いので問題ありません。画質はすばらしく、映像の乱れもないので快適に使用しています。

【2位】映画鑑賞やスポーツ観戦に最適!「パナソニック プライベート ビエラ UN-19FB8」

 

  1. 価格の目安:¥43,000~
  2. 画面サイズ:19V型
  3. 放送形式:フルセグ対応
  4. 受信可能放送:地上/BS/110度CSデジタル
  5. チューナー:分離型
  6. 録画機能:USBハードディスク(別売)
  7. 防水機能:×
  8. 無線LAN:〇
  9. リモコン:〇
  10. ユーザー評価
    Amazon:4.1 / 5.0点(12Review)
    価格コム:4.25 / 5.0点(2Review)
  11. 発売年月:2018年5月
モノハック編集部
「NETFLIX」や「DAZN」など動画配信サービスと連携して、幅広いコンテンツが楽しめるモデル!音質にもこだわりがあり、本格的に楽しみたい人におすすめです。

価格

 パナソニック プライベート・ビエラの最上位モデルにあたるのが、こちらの機種になります。

市場価格は、¥43,000~となっており、ポータブルテレビの中でも高めの価格設定になっています。

視聴に関する機能

地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタルいずれも視聴することができます。 

地上デジタル BSデジタル CSデジタル

またインターネットと接続をすることによって「You Tube」「NETFLIX」「DAZN」などでライブ映像や映画コンテンツ、スポーツ中継を楽しむことも!

画面も19インチと十分なサイズなので、ストレスなく映像を視聴することができます。

モニターにはバッテリーが内蔵。最長で約3時間30分の連続視聴が可能。

防水性能

 防水性能は、ありません。そのためお風呂場やキッチンといった水回りでの使用を不可になっています。

録画に関する機能

第1位でご紹介した「UN-10E8」と同様に、ハードディスクは内蔵されていません。

そのため録画をしたい場合は、外付けのUSBハードディスクを別途購入する必要があります。

その他の機能

お部屋の移動や立て掛けに便利な「3段階チルトスタンド」を採用しています。

ソファーやベッドで寝ころびながらも上手にセッティングができるので、快適な時間を過ごすことができますよ!

またモニターの左右には、「バスレフポート付スピーカー(3W×2)」を搭載。他のポータブルテレビとは異なり、しっかりと低音域を出力。 

映画やアーティストのライブ映像をより没入して楽しむことができますよ!

製品の詳細(スペック)
型番 UN-19FB8 
サイズ チューナー
W136×D119×H43mm 
モニター
W446×D35.6×H299mm
重さ チューナー
約0.3kg 
モニター
約2.3kg
画素数 1366×768 
付属品 ACアダプター、mini B-CASカード、防水リモコン、単4形乾電池(2本) 

ユーザーからの評価

 執筆時現在では、Amazonで4.1 / 5.0点(12Review)の評価を得ています。高い評価を受けていると言えるでしょう。

口コミ

思っていたよりもクリアで鮮明に映像を映し出します。スピーカーも小さいのにもかかわらず、しっかりと耳に届き不満はありません。別の部屋に気軽に持ち運べるのが何より便利です。

【3位】最大5時間の長時間視聴も可能!「シャープ AQUOSポータブル 2T-C12AF」

 

  1. 価格の目安:¥26,500~
  2. 画面サイズ:12V型
  3. 放送形式:フルセグ対応
  4. 受信可能放送:地上/BS/110度CSデジタル
  5. チューナー:分離型
  6. 録画機能:USBハードディスク(別売)
  7. 防水機能:〇
  8. 無線LAN:〇
  9. リモコン:〇
  10. ユーザー評価
    Amazon:3.8 / 5.0点(17Review)
    価格コム:4.28 / 5.0点(7Review)
  11. 発売年月:2018年9月
まずは動画で製品をチェック!
モノハック編集部
接続の安定感はバツグン!映像の途切れや乱れが気になる方はこのモデルで決まり。

価格

市場での価格は、¥26,500~となっており、ポータブルテレビの中では平気的なお値段ということができるでしょう。 

視聴に関する機能

地上デジタル放送・BSデジタル放送・110度CSデジタル放送のいずれにも対応しています。 

地上デジタル BSデジタル CSデジタル

上位でご紹介したパナソニックのモデルと同様に、モニターとチューナーが別々の分離型を採用しています。

無線LAN規格「11ac」や「ビームフォーミング」といった技術を採用しているため、 電波の安定性が向上。パナソニックのモデルよりも映像が乱れにくいという口コミも多くみられます。

 モニターにはバッテリーを内蔵。最長で約5時間程度の視聴をすることができます。

防水性能

IPX6/7相当の防水性能を持っています。そのためお風呂場やキッチンでも使用することができます

モニターには「撥水コーティング」がされており、汚れがつきにくい工夫がされています。

防水性能を動画でチェックする!

録画に関する機能

ハードディスクは内蔵されていません。そのため番組の録画をすることはできません

その他の機能

テレビとして使用しないときは、USBメモリをチューナーと接続することによって、フォトフレームとして使用することができます。 

製品の詳細(スペック)
型番 2T-C12AF 
サイズ — 
重さ チューナー
約0.4kg
モニター
約0.91kg 
画素数 1366×768 
付属品 mini B-CASカード
リモコン
リモコン用電池(単4×2)
ACアダプター×2 

ユーザーからの評価

 執筆時現在では、Amazonで3.8 / 5.0点(17Review)の評価を得ています。

「映像を映し出すまでに時間がかかる」「チャンネルの切り替えに時間がかかる」この2点に関するマイナス評価はありましたが、映像の綺麗さや安定性では、非常に高い評価を受けています。  

口コミ

パナソニックのビエラと迷ってこちらを選びました。12インチのサイズが大きすぎず小さすぎないので、丁度良い。接続したらすぐに視聴することができ、簡単でした!電源をオンにしてから、映像を映し出すまで10秒ほどかかるの欠点ですが、その他に関しては満足しています。

【4位】ワンセグ対応で移動中のTV視聴にも!「東芝 レグザポータブルテレビ 10WP1」

 

  1. 価格の目安:¥34,000~
  2. 画面サイズ:10V型
  3. 放送形式:フルセグ・ワンセグ対応
  4. 受信可能放送:地上デジタル
  5. チューナー:一体型
  6. 録画機能:×
  7. 防水機能:〇
  8. 無線LAN:〇
  9. リモコン:×
  10. ユーザー評価
    Amazon:3.6 / 5.0点(41Review)
    価格コム:3.31 / 5.0点(7Review)
  11. 発売年月:2015年11月
まずは動画をチェックする!
モノハック編集部
ワンセグ+一体型チューナーを採用。屋外や車内でのテレビ鑑賞に最適なモデルです。

価格

市場価格は、¥34,000~となっており、他メーカーと比較するとやや高めの価格設定になっています。

視聴に関する機能

 地上デジタル放送の受信のみに対応しています。上位でご紹介したモデルとは異なり、BSデジタル放送や110度CSデジタル放送は視聴できません。

地上デジタル BSデジタル CSデジタル
× ×

 チューナーが内蔵された一体型のモデルとなっています。フルセグ対応の他に、ワンセグにも対応。移動中の車内などでも映像を楽しむことができます!

 モニターには「In Plane Switching液晶」が採用されており、正面のみならず斜め横からでも綺麗に映像を確認できるのが特徴。複数人で画面をのぞき込むようなシーンでも安心です。

防水性能

IPX5相当の防水機能があります。塗れた手で操作することはできますが、 お風呂内での使用は控えた方が良いでしょう。

録画に関する機能

ハードディスクは内蔵していないので、番組を録画することはできません。

ただし「レグザリンク・シェア」機能を搭載。レグザやレグザブルーレイが別途あるのであれば、そこで録画した番組を再生することができます。

その他の機能

 

40mmの大口径スピーカーを搭載。迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

また、Bluetoothに対応しているので、スマホやタブレットから好きな音楽を流して、スピーカーとして使用することもできます。

製品の詳細(スペック)
型番 10WP1 
サイズ W262×D78×H186mm 
重さ 約1.2kg 
画素数  1366×768
付属品 防水リモコン、リモコン用コイン型電池、ACアダプター、地デジ用アンテナケーブル、取扱説明書 

ユーザーからの評価

 執筆時現在、Amazonでは3.6 / 5.0点(41Review)の評価を受けています。

口コミ

車中泊で使用しています。画面サイズが手元で見るにはとても良いです。録画した番組を再生するときに時々、接続が切れてしまいますが、そこまで気になりません。

【5位】できるだけ安く手に入れたいなら!「ダイアモンドヘッド OT-FT116AK」

  1. 価格の目安:¥13,000~
  2. 画面サイズ:11.6インチ
  3. 放送形式:フルセグ・ワンセグ対応
  4. 受信可能放送:地上デジタル
  5. チューナー:一体型
  6. 録画機能:×
  7. 防水機能:×
  8. 無線LAN:×
  9. リモコン:〇
  10. ユーザー評価
    Amazon:3.8 / 5.0点(10Review)
    価格コム:評価なし
  11. 発売年月:2018年10月
モノハック編集部
価格は1万円台ながら、ユーザーからはなかなか高評価。屋外などちょっとした場面で役に立つこと間違いなし!

価格

市場価格は、¥13,000~となっており、非常にリーズナブルなお値段になっています。

視聴に関する機能

地上デジタル放送のみに対応しています。BSデジタル放送や110度CSデジタル放送は視聴することができません。 

フルセグ・ワンセグともに対応しているので、屋外での使用もOK。

地上デジタル BSデジタル CSデジタル
× ×

 チューナーを内蔵した一体型のモデルです。最大で約2時間の視聴が可能になっています。

防水性能

 防水機能は搭載していませんので、お風呂場はもちろんのこと水回りでの使用はできません。

録画に関する機能

 ハードディスクは内蔵していませんので、直接録画をすることはできません。

ただし、「HDMI入力端子」「USB端子」を搭載。別途購入したハードディスクやUSBに録画をすることができます。

その他の機能

通常のコンセントに挿すことができる「ACアダプター」に加えて、車内のシガーソケットから給電することのできる「DCアダプター」も付属しています。

製品の詳細(スペック)
型番  
サイズ  
重さ  
画素数  
付属品  

ユーザーからの評価

 執筆時現在、Amazonでは3.8 / 5.0点(10Review)の評価を得ています。細かい画質調整ができないことなどの不満はあるようですが、価格を考えるとコストパフォーマンスの良いモデルとして評価されています。

口コミ

画面の明るさや色合いが変更できないというマイナスポイントはありますが、価格が安いので割り切って使っています。また画質自体もまあまあのレベルです。軽くて持ち運びに便利なので、満足しています。

ポータブルテレビに関するQ&A

ポータブルテレビでTV番組を視聴するときに必要なものは?

  1.  モニター(本体)
  2. チューナー
  3. アンテナケーブル

 多くのポータブルテレビの場合、「チューナー」とご自宅の「アンテナ端子」を「アンテナケーブル」でつなぐ必要があります。

「地上デジタル用」と「BS / 110度CS用」の2本のケーブルが必要になる場合があります。

モノハック編集部の考察

今回は、ポータブルテレビのおすすめランキングを紹介してきました。

据え置き型のテレビとは異なり、自分の好きな場所で番組を楽しめるのが何よりの魅力。

「BS」「110度CS」など視聴できる放送や、YouTubeやNETFLIXなど動画配信サービスとの連携などもしっかりとチェックして、お気に入りのモデルを見つけてください!

 ※本記事は2019年5月執筆時の情報に基づいています。最新の情報を知りたい方は、各メーカーの公式ページなどを参考にしてください。

最新情報をチェックしよう!