機内持ち込みができるスーツケースのおすすめ10選。サイズや重さが選ぶポイントになってきます!

スーツケースを機内に持ち込むことによって、到着してからすぐに移動することが可能になり、待ち時間を減らすことができます。

また貴重品や壊れ物などが入っている場合は、手荷物にすることによって、万が一の盗難や破損のリスクを減らすことができます。

そんな何かと便利な機内持ち込みのサービスですが、サイズや重さが規定されており、守る必要があります。

今回は機内へと持ち込みができるスーツケースについて解説。ルールや機内持ち込みスーツケースのおすすめのモデルについてご紹介していきます。

関連記事

スーツケースの失敗しない選び方や人気ブランドについて知りたい!という方は以下の記事もチェック。

▶︎スーツケースのおすすめランキングTOP5を発表!絶対に失敗しない選び方も解説していきます。




目次

機内持ち込みができるスーツケースを選ぶポイント

機内に持ち込むことのできるスーツケースを選ぶ際には、「サイズ」と「重さ」の2点を必ず確認していく必要があります。

航空会社によって規定が異なるので、どの航空会社を利用するのかも重要になってきます。

特にLCC(格安航空)を利用する際には注意が必要。LCCは、一般的な航空会社よりも規定が厳しくなっています。

3辺の合計の長さが115cm以下

まずはスーツケースのサイズについて解説します。

サイズを選ぶ時には、スーツケースの「幅・奥行・高さ」をしっかりと把握することが大切になってきます。 

一般的な航空会社の場合、この3辺の合計が115cm以内のスーツケースだけしか機内へ持ち込むことができません。

スーツケースを選ぶ際には、必ず3辺の合計を計算して、115cm以下に収まるようにしましょう。

またこのサイズは当然のことながら、荷物を入れた状態での規定になります。ナイロンなどを素材としたソフトタイプのスーツケースは、荷物をパンパンに詰め込むと、膨らんでしまう可能性があります。

ソフトタイプのスーツケースを使用する場合には、その辺も加味していく必要があることを頭に入れておきましょう。

100席未満の航空機は、3辺合計100cm以内

一般的な航空会社の場合は、3辺合計が115cm以内と説明しましたが、これには例外があります。

ローカル路線で運行がされている100席未満の航空機へと搭乗する場合です。

100席未満の小さな航空機の場合、3辺の合計が100cm以内に規定されている場合が多くなっています。

大都市間の移動ではあまり用いられませんが、地方都市へのフライトの場合に稀にこのような小さな航空機を利用するケースがあります。チケットを取る際には必ず確認するようにしましょう。

基本は10kg以内だが、航空会社によっては7kg以内のケースも

サイズと共に気にしないといけないのが、荷物を含むスーツケースの重さです。 

ANA(全日空)やJAL(日本航空)といった国内の航空会社は、10kgまでとなっています。スーツケースの容量としては、20L〜35L程度のモデルが限度でしょう。

LCCや海外の航空会社は、より厳しめの規定を設けていることが多くなっています。7kg以内と定めらている航空会社も多く、荷物の詰めすぎには十分注意が必要です。

仮に規定よりも重いスーツケースを機内へと持ち込む場合は、超過料金が必要な場合があります。


代表的な航空会社の機内持ち込み規定一覧

利用者数の多い航空会社の機内持ち込み規定を表にまとめています。規定は執筆時現在の情報をもとにしています。詳しくは航空各社のホームページを参考にしてください。

国内の航空会社の機内持ち込みルール

航空会社 サイズ 重さ


JAL(日本航空)
※100席未満
詳しくはこちら

3辺合計100cm以内
幅45×奥行35×高さ20cm以内
10kg以内

JAL(日本航空)
※100席以上
詳しくはこちら
3辺合計115cm以内
幅55×奥行40×高さ25cm以内
10kg以内 

ANA(全日空)
※100席未満
詳しくはこちら
3辺合計100cm以内
幅45×奥行35×高さ20cm以内
10kg以内 


ANA(全日空)
※100席以上
詳しくはこちら

3辺合計115cm以内
幅55×奥行40×高さ25cm以内
10kg以内 

LCCの機内持ち込みルール

航空会社 サイズ 重さ

エアアジア
詳しくはこちら
幅56×奥行36×高さ23cm以内 7kg以内
 
ジェットスター
詳しくはこちら
 幅56×奥行36×高さ23cm以内 7kg以内 
 
ピーチ
詳しくはこちら
3辺合計115cm以内
幅56×奥行36×高さ23cm以内 
 7kg以内

海外の航空会社の機内持ち込みルール

航空会社 サイズ 重さ

シンガポール航空
詳しくはこちら
3辺合計115cm以内 7kg以内

タイ国際航空
詳しくはこちら 
3辺合計115cm以内 
幅56×奥行45×高さ25cm以内
7kg以内 
 
キャセイパシフィック航空
 詳しくはこちら

幅56×奥行36×高さ23cm以内 

 7kg以内

大韓航空
詳しくはこちら

3辺合計115cm以内 
幅55×奥行40×高さ20cm以内

12kg以内

チャイナエアライン
詳しくはこちら

幅56×奥行36×高さ23cm以内 

7kg以内 

カタール航空
詳しくはこちら

幅50×奥行37×高さ25cm以内  

 7kg以内

デルタ航空
詳しくはこちら

3辺合計114cm以内 
幅56×奥行35×高さ23cm以内

— 

エミレーツ航空
詳しくはこちら
幅55×奥行38×高さ20cm以内   7kg以内

機内持ち込みができるスーツケースおすすめ10選

モデル 価格の目安

光沢仕上げで洗練されたイメージ
「リモワ ESSENTIAL LITE Cabin」

¥62,640〜

荷崩れを防ぐフレックスディバイダー搭載
「リモワ ESSENTIAL SLEEVE CabinS」

¥86,400〜

特殊素材で長期に渡り愛用できる
「サムソナイト ライトボックス スピナー55」

¥72,360〜

ソフトケースで軽量ながら作りは頑丈
「サムソナイト 72H DLX スピナー55」

¥37,800〜

静音キャスターを採用し、騒音を軽減
「エース パリセイドZ 05581」

¥21,000〜

重さわずか1.7kgの業界最高レベルの軽さ
「プロテカ エアロフレックス ライト」

 ¥58,000〜
 可愛いデザインで女性に大人気
「HaNT mine 05745」
 ¥25,000〜

最大で41Lの大容量モデル
「アメリカンツーリスター サウンドボックス スピナー55」

¥26,400〜 

¥5,000〜から手に入る激安モデル
「レジェンドウォーカー ハードケース 機内持ち込みサイズ」 

¥5,000〜 

Amazonのベストセラーにもなったハイコスパモデル
「クールライフ キャリーバック ダブルキャスター」

¥6,000〜

光沢仕上げで洗練されたイメージ「リモワ ESSENTIAL LITE Cabin」

  1. 価格の目安:¥62,640〜
  2. 容量:37L
  3. サイズ:55×37×23cm(合計115cm)
  4. 重さ:2.2kg
  5. キャスター:4輪
  6. 素材:ポリカーボネート
  7. TSAロック:○
  8. 公式ホームページ

 リモワの発売するスーツケース史上最も軽い「ESSENTIAL LITE」。光沢感のあるボディとリモワならでは縦ストライプの加工が特徴となっています。

カラーバリエーションも豊富で、「レッド」「ブルー」「ブラック」「ホワイト」「グリーン」の5色から好きな色をチョイスすることができます。

リモワだけあって価格はお高めですが、耐久性と使いやすさはトップレベル。憧れのリモワを手に入れたいという方におすすめです。

荷崩れを防ぐフレックスディバイダー搭載「リモワ ESSENTIAL SLEEVE CabinS」

  1. 価格の目安:¥86,400〜
  2. 容量:33L
  3. サイズ:55×39.5×20cm(合計114.5cm)
  4. 重さ:3.5kg
  5. キャスター:4輪
  6. 素材:ポリカーボネート
  7. TSAロック:○
  8. 公式ホームページ

同じくポリカーボネートを採用し、耐久性と軽量さを両立しているのがリモワ「ESSENTIAL SLEEVE」。

フレックスディバイダーを採用し、荷物の量に合わせて仕切りの高さ調節が可能。しっかりと荷物を固定することができるので、持ち上げた際にも荷崩れを起こしません。

小物の収納に便利なフロントシェルを採用。「機内ではPCで作業を行い、到着したらすぐに収納し、目的地へ」なんてスマートな使い方をすることができます。

特殊素材で長期に渡り愛用できる「サムソナイト ライトボックス スピナー55」

  1. 価格の目安:¥72,360〜
  2. 容量:38L
  3. サイズ:55×40×20cm 
  4. 重さ:2.2kg
  5. キャスター:4輪
  6. 素材:Curv
  7. TSAロック:○
  8. 公式ホームページ

 サムソナイトの独自素材「Curv(カーヴ)」を採用し、重さはわずか2.2kgながら38Lの大容量を実現したモデルです。 

3泊程度の荷物を入れることができるので、国内はもちろん短期の海外旅行にも対応できるサイズです。

また「Curv(カーヴ)」は復元力に優れた素材なので、ぶつけて凹んでしまったという時でも時間が経てば元の形に戻ろうとい力が働きます。長い期間に渡って愛用したいというユーザーにおすすめです。 

ソフトケースで軽量ながら作りは頑丈「サムソナイト 72H DLX スピナー55」

 

  1. 価格の目安:¥37,800〜
  2. 容量:36L 
  3. サイズ:55×35×24cm 
  4. 重さ:1.8kg
  5. キャスター:4輪
  6. 素材:ナイロン
  7. TSAロック:○
  8. 公式ホームページ

 ナイロンを使用したソフトケースながら、耐久性に優れたモデルがサムソナイト「72H DLX」。しっかりとした作りで、中身を安全に守ってくれます。

重さはわずか1.8kgなので、女性でも飛行機の棚に簡単に持ち上げることが可能

加えて、人間工学に基づいて設計されたサイドハンドルによって扱いやすさも十分。ストレスなく旅行したいというユーザーから高い支持を受けています。

静音キャスターを採用し、騒音を軽減「エース パリセイドZ 05581」

  1. 価格の目安:¥21,000〜
  2. 容量:36L
  3. サイズ:45×35×20cm
  4. 重さ:3.3kg
  5. キャスター:4輪
  6. 素材:
  7. TSAロック:○
  8. 公式ホームページ

高品質で安心して使用することのできる国内ブランド「エース」から発売されているのが「パリセイドZ」。

最大の魅力は、静音性に優れたダブルキャスターにあります。アスファルトの道を転がしても、音が気にならないので、深夜や早朝に出かける際でも近所迷惑になりません。

また13インチのノートPCを収納することのできるフロントポケットを採用。空港の待ち時間などに気軽に仕事を進めることができます。

重さわずか1.7kgの業界最高レベルの軽さ「プロテカ エアロフレックス ライト」


  1. 価格の目安:¥58,000〜
  2. 容量:37L
  3. サイズ:55×36×24cm
  4. 重さ:1.7kg
  5. キャスター:4輪
  6. 素材:グラスファイバー複合新素材
  7. TSAロック:○
  8. 公式ホームページ

グラスファイバー複合新素材「ウルトラストリング」を採用し、脅威の重さ1.7kgという超軽量性を実現。業界最高レベルの軽さを誇るモデルです。

ボディの表面にはウェーブ状に加工が施され、軽さだけでなく強度を高める工夫がされています。MADE IN JAPANなのも、安心して購入できるポイントです。 

可愛いデザインで女性に大人気「HaNT mine 05745」

  1. 価格の目安:¥25,000〜
  2. 容量:33L
  3. サイズ:54×36×22cm
  4. 重さ:2.7kg
  5. キャスター:4輪
  6. 素材:–
  7. TSAロック:○
  8. 公式ホームページ

エースの女性社員が、「女性が本当に欲しいと思うスーツケース」をコンセプトに作ったブランド「HaNT(ハント)」。

小物や化粧品など様々なアイテムを分けて入れたいというユーザーのために、ポケットを複数用意。内装デザインもとっても可愛くてスーツケースを開けるたびに楽しい気持ちになれます。

また空港などでスーツケースを開く時でも、衣類が見えないように工夫されているのでとっても安心です。

最大で41Lの大容量モデル「アメリカンツーリスター サウンドボックス スピナー55」

  1. 価格の目安:¥26,400〜
  2. 容量:35L / 41L
  3. サイズ:55×40×20/23cm(3辺合計115cm)
  4. 重さ:2.6kg
  5. キャスター:4輪
  6. 素材:
  7. TSAロック:○
  8. 公式ホームページ

 シームレスに広がるデザインが特徴的なアメリカンツーリスター「サウンドボックス」。レコードやスピーカーから着想を得たデザインで、他のスーツケースとは異なる独特の雰囲気を纏っています。

 人気ブランドにも関わらず、お求めやすい価格設定も魅力。エキスパンダブル機能も搭載しており、ジッパーを緩めることによって最大で41Lまで収納が可能になっています。

お土産などで買い物の荷物が増えてしまっても、対応することができます。

 ¥5,000〜から手に入る激安モデル「レジェンドウォーカー ハードケース 機内持ち込みサイズ」

 

  1. 価格の目安:¥5,000〜
  2. 容量:33L / 40L
  3. サイズ:54×36×24/29cm
  4. 重さ:2.9kg
  5. キャスター:4輪
  6. 素材:ABS樹脂
  7. TSAロック:○

 機内持ち込みが可能なスーツケースとしては最安モデルのハードウォーカー「ハードケース」。価格は5,000円〜となっており、破格のお値段と言えるでしょう。

通常の容量は33Lとなっており、他モデルと比較するとやや少なめです。ただエキスパンダブル機能を備えており、万が一の時にはファスナーを開けて容量のアップが可能になっています。

カラーバリエーションはなんと15色。人気の商品ですが、人とかぶりにくいというメリットがあり、お値段を抑えたい人に最適なモデルです。

 Amazonのベストセラーにもなったハイコスパモデル「クールライフ キャリーバック ダブルキャスター」

  1. 価格の目安:¥6,000〜
  2. 容量:38L
  3. サイズ:54×37×22.5cm(3辺合計113.5cm)
  4. 重さ:2.9kg
  5. キャスター:4輪
  6. 素材:樹脂+ABS
  7. TSAロック:○

 Amazonのベストセラーにも選ばれる今注目のハイコスパブランド「クールライフ」。

3辺の合計は113.5cmとなっており、機内持ち込みの厳しい航空会社でも対応が可能なサイズとなっております。ついつい荷物を詰め込みすぎてしまうという方も安心。

価格は安いですが、大口径のダブルキャスターを採用。スムーズにタイヤが転がってくれるので、移動がしやすいのが特徴。 


 まとめ

ここまで機内へ持ち込みすることのできるスーツケースについて解説してきました。気になったスーツケースを見つけることはできたでしょうか。

最近では、海外の航空会社の職員が乱雑にスーツケースを扱っている動画がSNS上にアップされたことなどから、できるだけ機内にスーツケースを持ち込みたいという声も多く聞かれます。

その一方で機内持ち込みのルールなどをきちんと把握せずに、スーツケースを購入してしまい追加の料金を取られてしまったというケースもあります。

しっかりと航空会社の機内持ち込み規定を確認し、今回ご紹介したモデル等も参考に、お気に入りのスーツケースを見つけてください!

最新情報をチェックしよう!