エースのスーツケースの評判は?おすすめのシリーズやモデルをご紹介していきます。

国内最大級のスーツケースブランド「エース(ace.)」。安心・安全の日本のメーカーを選びたいというユーザーから高い支持を得ています。

日本メーカーらしい細かい気遣いに溢れたモデルが多く、とても扱いやすいのがポイントになっています。

今回はそんなエースのスーツケースを徹底的に調査。実際に使用しているユーザーの口コミや評判、そしておすすめのシリーズやモデルについて解説して行きます。エースが気になっている!という方は必見です。

関連記事

ブランド問わずに最強のスーツケースを知りたいという方におすすめなのが、以下の記事。エースはもちろんのこと、リモワやサムソナイトといった人気ブランドを紹介しています。スーツケースの選び方も解説しているの、初心者は併せて読むと良いでしょう。

▶︎スーツケースのおすすめランキングTOP5を発表!絶対に失敗しない選び方も解説していきます。




エースってどんなブランド?

Photo by ace.

エースとは、1940年に大阪・天王寺で創業者である新川柳作が「新川商店」を創業したことにより歴史が始まった国産のメーカーです。

1950年代には、新素材「東レナイロン」を使用したバッグを開発。軽量で汚れが落ちやすいことから大ヒット商品となり、「バッグの一大革命」とまで言われました。

その後もバッグでヒット商品を開発し、1963年には社名を「エース株式会社」へと変更します。

この頃からスーツケースの製造販売に着手。日本人の海外旅行がコモディティ化した1967年には、初の国産スーツケース「デボネア」を完成させ、全国販売。

1970年代には北海道・赤平市にスーツケースの生産工場を建設し、国内のみならず海外へのスーツケース輸出を本格化していきます。

最近では、「プロテカ」「ace.(エース)」「ハント」といった様々な自社ブランドを作り上げると共に、米国のアルミラゲージブランド「ゼロハリバートン」を買収するなど世界的な知名度も高くなっています。

 エースが展開する代表的なブランド

 エースは多数の自社ブランドを抱えており、それぞれに知名度があります。

エース(ace.)

 エースが創業以来培ってきたカバンづくりのノウハウや経験を結集させたブランドです。「全ての移動を旅と捉え、その旅を快適にするための最適なカタチを提供する。」をコンセプトに、カジュアルなデザインからビジネスシーンで活躍するものまで幅広く取り扱っています。

今回この記事で紹介していくのは、この「ace.ブランド」のモデルになります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ace.さん(@ace.japan)がシェアした投稿

プロテカ(PROTECA)

国内屈指のスーツケース製造工場でもある北海道・赤平工場で製造が行われているラゲージブランドです。「日本製」ならではの高品質さが売り。職人の手作業によって、丁寧に作られているまさしくクラフトマンシップが息づく製品を展開しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PROTECA(プロテカ)さん(@proteca_japan)がシェアした投稿

 

 ワールドトラベラー(World Traveler)

「機能的な安心とファッション性の高い満足度を提供する」ことをコンセプトに展開するブランドです。スーツケース自体のラインナップは、それほど多くありませんが、可愛らしいデザインが多く、価格もお手頃なので親やすいブランドになっています。

 ハント(HaNT)

エースの女性社員が「本当に欲しいと思うスーツケースを作る」というコンセプトをもとに、女性が扱いやすいスーツケースブランドを立ち上げました。女性ならでは旅の悩みを解決してくれる気の利いた設計になっているのが特徴的です。 

ゼロハリバートン(ZERO HALLIBURTON)

 エースの中では、インターナショナルブランドという位置づけにあたる「ゼロハリバートン」。アルミニウムを素材としたハードケースを製造するアメリカのメーカーですが、2006年にエースが買収を行なったことにより、傘下のブランドとなっています。


エースのスーツケースの特徴 

走行性抜群の双輪キャスターを採用

エースの最大の魅力とも言えるのが、快適な走行性にあります。 エースのスーツケースには「双輪キャスター」が搭載されており、舗装された道はもちろんのこと、凸凹している道でもスムーズに移動することができます。 

サモワやサムソナイトといったブランドでも、双輪キャスターやツインキャスターを採用しているケースはありますが、走行のスムーズさに関してはエースが最高評価を受けています。

また走行時の騒音に関しても、かなり静かなのが特徴。「スーツケースを転がす時の音が気になる!」という方に特におすすめしたいブランドです。

エースのスーツケースの口コミや評判は?

 エースは、サムソナイトやリモワといったブランドに比べると価格が抑えられているために手に取りやすいという評判が多く見られます。

加えて、日本のブランドという「安心感」があり、多くのユーザーから厚い信頼を得ています。

また日本人の体格に合わせて設計されているため、「ちょうど良いサイズ感」「ハンドルの位置が扱いやすい」といった点も人気が高い要因になっているようです。

購入したモデルは中国製のものでしたが、エースなので安心して買うことができました。届いた製品もしっかりしており、今の所全く問題がありません。価格も安いので、現状わたしの中ではナンバー1のメーカーです。

 キャスターがスムーズに動いてくれるのでとにかく移動が楽チン。こんなスーツケースに出会ったのは初めてです。


エースのおすすめスーツケース

ace.TOKYO
シリーズ
素材 特徴
ウォッシュボードZ  ポリカーボネート
ジッパータイプ

 ポリカーボネートを採用したハードタイプのスーツケース。
キャスターストッパーを搭載し、不意な走行を防いでくれます。

コーナーストーンZ  ポリカーボネート
ジッパータイプ
 ポリカーボネートを採用したハードタイプのスーツケース。
フラットでスッキリしたデザインが特徴。
パリセイドZ  ポリカーボネート
ジッパータイプ
ポリカーボネートを採用したハードタイプのスーツケース 。豊富なサイズとカラーバリエーションが魅力
パリセイドF  ポリカーボネート
フレームタイプ
 ポリカーボネートを採用したハードタイプのスーツケース 。安全性の高いフレームタイプになっています。
ロックペイントSS ポリエステル
ジッパータイプ
ポリエステルを採用したソフトタイプのスーツケース。1万円代より購入できる価格の安さが魅力的。 
ace. GENE
シリーズ
素材 特徴
ジェットパッカーS ポリカーボネート
ジッパータイプ
USBポートを採用し、スマホやタブレットの充電がしやすい。 
 フレックスルーフ ジッパータイプ  出張時の快適性を追求して設計されたシリーズ。混雑している状況でも荷物が取り出しやすい。 
 ディラテクト ナイロン840dnオックス  エキスパンダブル機能を搭載しており、容量アップが可能
スクエアワ ポリカーボネート
ジッパータイプ
コンパクトなサイズ感で、扱いやすい。1泊〜2泊の出張に。

ウォッシュボードZ

「ace. TOKYO」のハイエンドシリーズにあたるのが、「ウォッシュボードZ」。MADE IN JAPANにこだわりを持ち、国内の工場で丁寧に製造を行なっているシリーズです。

旋回性に優れた双輪キャスター(ツインキャスター)を採用しているので、思い通りのままのコントロールが可能。それに加えて、ストッパーが搭載され、不意な走行を防いでくれます。 

タイヤにも工夫がされており、音の発生を抑えてくれます。夜遅く自宅へと帰宅する際でも近所の目を気にしなくて良いのが嬉しいポイントです。

落ち着いたカラーで使いやすいです。中の仕切りやポケットも充実していているのに、とても軽いので驚きです。

モデル 容量 サイズ 重さ 価格
 04065 37L  54×35×25cm 3.1kg ¥31,000〜
04066 60L 63×45×27cm 4.0kg ¥35,000〜
04067 91L 74×52×30cm 4.6kg ¥39,000〜
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ace.さん(@ace.japan)がシェアした投稿

コーナーストーンZ

 続いてご紹介する「コーナーストーンZ」も、上記のシリーズと同様にツインキャスターを採用しており、コントロールがしやすくなっています

余計な装飾を施さないフラットなデザインに加えて、角の丸みが小さくなっているので、とてもスッキリとした見た目になっています。

海外渡航の際に使用しましたが、問題なく機内に持ち込むことができました。男性で3泊4日の出張でしたが、サイズ的にも余裕がありました。舗装されている道であれば、走行音も気になりません。(36L) 

モデル 容量 サイズ 重さ 価格
06235 36L 54×36×25cm 3.1kg ¥19,000〜
06231 37L 55×36×24cm 3.0kg ¥16,000〜
06232 55L 62×45×25cm 3.6kg ¥18,000〜
06233 74L 67×48×28cm 4.1kg ¥21,000〜
06234 98L 75×52×30cm 4.9kg ¥24,000〜

パリセイドZ

22Lから最大で98Lまで幅広いモデルが用意されている「パリセイドZ」。カラーも「ヘアラインブラック」「ブラックカーボン」「ネイビーカーボン」「ホワイトカーボン」「レッド」など豊富なバリエーションから好みの色を選ぶことができます

キャスターは静音性の高いツインキャスターを採用しているため、早朝や深夜など近所への騒音が気になるという方も安心! 

手に馴染みやすい「ace. プルドライブハンドル」を使用して、ストレスなく高さの調節を行うことが可能になっています。

使い始めて半年ほど経ちましたが、傷や凹みが付きにくいので満足しています。タイヤの滑りがよく、音も気になりません。

モデル 容量 サイズ 重さ 価格
 05588 22L 45×35×20cm 2.5kg  ¥18,000〜
05581 36L 45×35×20cm 3.3kg ¥21,000〜
05582 33L 45×35×20cm 3.0kg ¥19,000〜
05583 48L 45×35×20cm 3.5kg ¥21,000〜
05584 52L 45×35×20cm 4.3kg ¥24,000〜
05585 62L 45×35×20cm 4.0kg ¥24,000〜
05586 98L 45×35×20cm 4.6kg ¥28,000〜
05587 88L 45×35×20cm 4.8kg ¥27,000〜

パリセイドF

 

 「パリセイドZ」の姉妹シリーズとなっているのが、「パリセイドF」。デザインも非常に似ていますが、こちらはジッパーではなくフレームを採用。カッターなどで切られる心配がないので、防犯性の高いシリーズとなっています。

また防犯性に加えて、急な雨で中の荷物が濡れてしまう心配がないので、カメラやPCなど電子機器を持ち運びたい方におすすめです。 

 日本製ではないようですが、エースブランドなので安心して使うことができています。防犯と防水のことを考えて、こちらのモデルを選びました。良い買い物をしたと思っています。

モデル 容量 サイズ 重さ 価格
 05571 32L 54×38×23cm  3.5kg ¥27,000〜
05572 61L 67×47×26cm 4.5kg ¥30,000〜
05573 96L 72×51×34cm 5.1kg ¥35,000〜
05574 90L 75×52×30cm 5.4kg ¥34,000〜

ロックペイントSS

「ace.TOKYO」レーベルの中で唯一のソフトタイプのスーツケースになっています。 

フロントにポケットが用意されており、ペンや手帳・ガイドブックなどをすっと収納することができます。 何かと手荷物が多くなってしまう観光地巡りなどの際にとっても便利です。

価格も1万円代で99Lの大容量モデルまで購入することができるハイコスパシリーズになっています。

ただし、他シリーズでは採用されていた「双輪キャスター」はありません。そのため舗装されていない道を転がす際などには、ややタイヤが引っかかる印象を受けてしまうことは頭に入れておきましょう。

ソフトケースなので、狭い場所での開閉が楽チン。お土産を購入しても、そのままパパッと入れることができるのでとっても楽です。

モデル 容量 サイズ 重さ 価格
35701 31L 54×37×23cm  2.3kg ¥12,000〜
35702 58L 63×45×27cm  2.8kg ¥14,000〜
35703 91L 73×53×31cm  3.1kg ¥16,000〜
35704 99L 79×53×31cm  3.3kg ¥18,000〜

ジェットパッカーS トローリー

USBポート機能を搭載し、スマートフォンやタブレットを簡単に充電することが可能になっているのが「ジェットパッカーS トローリー」シリーズ。

機内に持ち込むことのできるコンパクトなサイズ感に加えて、PCを収納することのできる専用の収納部分を用意。立ったまま開閉しやすい縦開き使用なので空港や駅の待ち時間での仕事もしやすくなります。

出張の際に使うスーツケースとして購入しました。15インチのPCが収納しやすく、荷物をケースの上に置いて移動できるので助かります。 

モデル 容量 サイズ 重さ 価格
 05591 34L 40×45×25cm 3.3kg ¥38,000〜
 05592 38L 51×39×25cm 3.4kg ¥39,000〜
 05596 34L 40×45×25cm 3.4kg ¥40,000〜
 05597 38L 40×45×25cm 3.5kg ¥41,000〜

フレックスルーフ

ビジネスマンの出張シーンにおける効率化を追求して設計されているのが、「フレックスルーフ」というシリーズです。 

 USBポート機能に加えて、フレックスルーフ機能を搭載。メインファスナーを全開にしなくても上部のみを開ければ、荷物の出し入れを行うことができます。電車やバスの中といった混雑した状況でも扱いやすいのが嬉しいポイントです。

モデル 容量 サイズ 重さ 価格
55591 23L  40×41×23cm  3.3kg  ¥33,000〜
55592 28L 40×43×25cm  3.4kg ¥34,000〜
55593 31L 55×37×23cm  3.5kg ¥35,000〜
55594 23L 40×41×23cm  3.3kg ¥35,000〜
55595 28L 40×43×25cm  3.4kg ¥36,000〜
55596 31L 55×37×23cm  3.5kg ¥37,000〜
55597 24L 40×43×25cm  3.2kg ¥39,000〜

デュラテクト トローリー

 「ナイロン840dnオックス」という撥水性に優れた特殊な素材を採用。ソフトケースではありますが、急な雨でも慌てずに対応することができます。

大型の2輪キャスターが採用されており、段差も楽々と乗り越えることができるので、街中での移動もスムーズ。体感音量を大幅に抑えた設計になっています。

またエキスパンダブル機能を搭載しているので、容量を増やすことが可能。出張中に荷物が増えてしまっても、マチ幅を変更することによって対応することが可能です。

モデル 容量 サイズ 重さ 価格
30431 19L
27L
50×34×22cm  3.0kg ¥69,000〜
30432 19L
27L
55×35×25cm  3.1kg  ¥73,000〜

スクエアワン

ポリカーボネートを採用したハードケースタイプのシリーズです。コンパクトなサイズ感で取り回しが良いのが特徴です。

 荷物が簡単に取り出すことのできるフロントポケットがあり、PCやタブレットを収納することができます。衝撃からもしっかりと守ってくれる構造になっているので、安心して収納しておけるのが嬉しいポイント。

容量は25Lとなっており、1泊〜2泊程度の出張におすすめ。 

モデル 容量 サイズ 重さ 価格
 05641 25L  41×40×25cm  2.8kg  ¥27,000〜 

エースのスーツケースに関するQ&A

保証期間とその内容について教えてください

エースは、アウトレット品を除く正規販売店で購入されたスーツケースに関して、5年の保証期間を設けています。

保証期間中に素材および製造上の不具合が認められた場合には無償にて修理(修理が困難と判断された場合には交換)いたします。

修理を受ける際には、購入証明の提示が必要となっています。レシートなどの書類は捨てずに大切に保管するようにしましょう。

詳しくはエースの公式ホームページを参考にしてください。

最新情報をチェックしよう!