ボールペンに下敷きって必要?

みなさん!ボールペンで文字を書く際に下敷きって使っていますか?

シャープペンシルや鉛筆で筆記するときは使っている方も多いかもしれませんが、ボールペンのときは下敷きを使用しないという方が多いのではないでしょうか。

実は、「ボールペンで綺麗な文字を書きたい!」と考えているのであれば、下敷きは必須ともいえるアイテムです。

実際に下敷きを使用して筆記すると、書き味がよくなるだけでなく見違えるように綺麗な文字を書くことができますよ!




ボールペンで下敷きを使うメリットとは?

ボールペンで文字を書く際に下敷きを使用する最大のメリットは、ペン先の沈み込みをうまくコントロールすることが可能になることです。

のちほど詳しくご紹介しますが、柔らかい下敷き(ソフト)の上で筆記をすればペン先が沈み込み、安定した筆記ができるようになります。

一方で硬い下敷き(ハード)の上で筆記をすれば、ペン先が沈まないので速記を行うことが可能になります。

このように下敷きによってペン先の沈み込みをうまくコントロールすることによって、書きやすい状態というのを作り出すことができるようになります。

またその他にも、下敷きを使うことによって「紙面の裏側に筆跡が残らない(裏写りしない)」「凸凹した場所でも綺麗に筆記することができる」といったメリットがあります。

職場や学校、ご自宅などで日常的にボールペンを使用するのであれば、下敷きは持っていた方が良いと言えるでしょう。

またエントリーシートや履歴書を書く機会の多い就活生は、ぜひ持っておきたい必須アイテム。最近では、PCでのESや履歴書作成が多くなったとはいえ、業界によっては手書きが求められることもあります。

他のモノで代用も可能だが…

「ボールペンで綺麗に字を書きたいけど、下敷きを持っていない…」そんなときには別のアイテムで代用することができます。

例えば、レポートパッドの裏に付いている厚紙やお菓子の空き箱、不要になったマウスパッドなども下敷き代わりに使用することができます。

ただしこれらの代用品と専用の下敷きでは、やはり書き心地に大きな差があります。

一時的に使用するのであれば良いかもしれませんが、日常的に使用するのであればボールペン用の下敷きを手に入れることをおすすめします!


ボールペン用下敷きの選び方

ソフト下敷きとハード下敷きの違い

下敷きを使用したことがある方はご存知かもしれませんが、下敷きには素材の硬さによって「ソフト」と「ハード」の2種類が存在します。

  1. ソフト
  2. ハード

ソフト下敷きは、主にラバー・レザー・ビニールといった素材から作られます。

ペン先が適度に紙面に沈み込むことで、ボールペンが滑りすぎず安定して綺麗な字を筆記することが可能です。ボールペンとの相性が良いと言われているのが、こちらのタイプです。

ボールペンで綺麗な字を書くために下敷きを使用したい!という方はコチラがおすすめ!

一方のハード下敷きは、主にプラスチックを素材として作られます。

ペン先が紙面に沈みこまず、弱い筆圧でも滑るようにして筆記することが可能です。速記や凹凸のある場所での筆記に向いています。また紙面の裏側に筆跡が残らないというメリットもあります。

ただし最近のボールペンには、ペン先があえてすべるように設計されたサラサラ系ボールペンが多く発売されています。

こういった滑らかな書き心地のサラサラ系ボールペンをハード下敷きの上で使用すると、ボールペンが滑りすぎて書きづらいという現象が起こってしまうので注意が必要です。

凸凹のある場所で素早く字を書くために下敷きを使用したいという方はコチラがおすすめ!

タイプ ソフト ハード
字の綺麗さ
速記

水性ペンを使用する場合は?

油性ボールペンではなく水性ボールペンを頻繁に使用する人は、選び方に注意が必要になってきます。

水性インクは、油性ボールペンに比べて紙がインクが吸いやすいという性質があります。

そのため水性ボールペンをソフト下敷きの上で使用すると、滲みの範囲が広くなり、文字が太くなってしまいます。

水性ボールペンで文字を細く筆記したい場合は、ハード下敷きを使用して、ペン先の沈み込みをなくすことで、綺麗な文字を書くことができるでしょう。

下敷きの素材の違い

レザー

https://www.amazon.co.jp

ビジネスシーンで使用するのであれば、レザー素材の下敷きがおすすめです。

手帳と色を合わせたり、スーツスタイルでも違和感のないデザインを選ぶことによって、より洗練されたビジネスマンの印象を与えることができます。

またレザー素材は使えば使うほど味が出るので、長年愛用できるのもポイントです。

書き味としては、一般的なソフト下敷きよりも沈み込みが少なく、0.5mm-0.7mm程度のボールペンであれば筆跡もつきにくいのが特徴です。

ビニール

https://www.amazon.co.jp

ボールペン用のソフト下敷きの定番が、ビニールです。

素材が柔らかいためペン先が適度に沈み込み、筆記を疲れにくくしてくれます。安定して綺麗な字を書く為のアシストをしてくれるのが特徴です。

レザー素材よりも商品数が多く、低価格で手に入れることが可能になっています。

しかし、一般的には「デスクマット」として販売されていることが多いので、持ち運ぶためにはカッターなどで適切なサイズにカットする必要があります。

プラスチック

ボールペン用のハード下敷きとして使用される素材が、プラスチックです。

水性のボールペンをメインに使用する人に相性がよく、職場のデスク上で筆記するのにおすすめです!

プラスチック製の下敷きは、カッターなどで切断をすると角が立ってしまい、手を傷つけてしまう恐れがあります。しっかりと自分の使用するサイズの下敷きを選ぶようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!