就活生は必見!履歴書を書くのにおすすめのボールペンTOP3をご紹介!

手書きの履歴書って、綺麗に書きたいし失敗できないしでヒヤヒヤしてしまいますよね…。

少しでも綺麗に書くために、履歴書に合ったボールペンを選んであげることが大切。

そんなわけで、今回は履歴書用ボールペンの選び方おすすめのモデルについて紹介していきます


履歴書は必ずボールペンで記入しよう!

最近はPCでの履歴書作成が主流になりつつあるので、履歴書を手書きをする機会は少ないかもしれません。

しかし一部業界では、手書きは依然マスト。そんなときには、必ずボールペンを使用するようにしましょう。

かつては履歴書といえば、万年筆で書くという時代もありましたが、万年筆はボールペンに比べるとにじみやすく耐水性に劣っています。

そのため履歴書をはじめとする就職活動に関わる重要書類には、にじみにくく耐水性や耐光性に優れているボールペンを使用して記入するのがベストです。

もちろん消しゴムで簡単に消すことのできる「鉛筆」や「シャープペンシル」は使用不可です。

使用NG①:消せるボールペン

では、「ボールペンであればなんでも良い」というわけではありません。

フリクションボールをはじめとする一度書いた文字を擦ることで消せるボールペンは、使用してはいけません。

消せるボールペンは、「直射日光」「室温」「摩擦」によって文字が消えてしまう可能性があります。

万が一ということがありますので、消せるボールペンの使用は控えてください。

使用NG②:水性ボールペン

また、水性ボールペンの使用もNGです。水性インクは水に濡れると、文字がすぐにかすんでしまいます。

履歴書の配達中に雨に濡れてしまうといったことも考えられなくはないので、使用するのを控えるようにしましょう。

使用NG③:蛍光ペン

 志望動機や自己の強みなどの欄に、蛍光マーカーを使用し、あえて強調させるという手法を使っている学生も一部いるようですが、これもNGです。

選考にマイナスな影響を与えることも予想されますので、企業からの指示がない限りは、黒のボールペンを使用してください。


 履歴書用ボールペンの選び方

失敗が許されない手書きの履歴書ですので、ボールペン選びは非常に重要になってきます。 

履歴書用ボールペン選びで失敗しない3つのポイント

  1. インクの色
  2. インクの種類
  3. ボール径

インクの色

履歴書を書くときは、必ず「黒」のボールペンを使用してください。

一般的に銀行や役所などで書類を記入するときは、「黒もしくは青のボールペンで記入してください」というルールがあります。

ただしビジネスシーンでは、黒のボールペンが使用されることが多いので、履歴書でも黒を使うのが無難であるといえます。 

インクの種類

まずはボールペンのインクの種類から見ていきましょう。ボールペンのインクは、大きく分けると3種類に分けることができます

  1. 油性インク
  2. 水性インク
  3. ゲルインク

 この中で、履歴書の記入をする際に使用をおすすめできるのは「油性インク」と「ゲルインク」です。これらの2種類は、インクが乾きやすく耐水性に優れているという特徴があります。

 そのため文字がにじんでしまう、消えてしまうというリスクを最大限回避することができます。

特にゲルインクを使用しているボールペンは、書き味が軽く滑らかさを持っています。また油性インクにありがちな「インクのダマ」が出来にくいのが特徴です。

一方の水性インクは、なめらかで軽い書き味が魅力ですが、乾きにくく滲みやすいので履歴書をはじめ重要書類の記入時にはおすすめできません。

ボール径

ボール径とは、ペン先の太さのことを指します。

履歴書を記入するさいには、0.5mm~0.7mmの太さのボールペンを選ぶと良いでしょう。

この太さは一般的に使用されるボールペンと同じサイズで、これ以上細いボールペンだと、どうしても面接官が文字を読みづらくなってしまいます。

また細いボールペンだと、読む人に弱々しい印象を与えてしまいます。これらが選考でプラスになることはありませんので、0.5mm~0.7mmを使用するのが無難です。

履歴書用ボールペンのおすすめランキング

【第3位】セーラー万年筆 就活ボールペン 4way

 まずおすすめしたいのは、セーラー万年筆と東京都市大学の学生と教授がコラボして開発した「就活ボールペン 4WAY」です。

  • 極細字ボールペン
  • 細字ボールペン
  • 太字ボールペン
  • 赤ボールペン

「極細字(0.5mm)」「細字(0.7mm)」「太字(1.0mm)」の太さの異なる黒ボールペンに加えて、赤ボールペン(0.7mm)の計4種類が1セットになっています。

エントリーシートや履歴書には細字、説明会のメモ書きには極細字を、宛名書きには太字など、1本で使い分けができるのがとっても便利!

絶対に忘れてはいけない持ち物やエントリーシートの期日などは、赤ペンを使うなんてこともできちゃいます。

これから就職活動という学生は、ぜひとも持っておきたい1本です。

インク種類  油性
インク色 黒 / 赤 
ペン先収納 サイドノック式 
ボール径   0.5 / 0.7 / 1.0
重さ 約15.8g
価格の目安 ¥400(税抜) 

【この商品に関する口コミ】

0.5mm/0.7mm/1.0mmの3パターンで使い分けができるのが、こんなに便利とは気づきませんでした。就職活動のみならず、普段の生活で大活躍しています。

【第2位】パイロット ゲルインキボールペン ジュース 0.5mm/0.7mm ブラック 

続いてご紹介するのは、パイロットから発売されているゲルインクを使用した「ジュース」を選出! 

「0.38mm」 「0.5mm」「0.7mm」「1.0mm」の4種類で展開していますが、履歴書におすすめなのは「極細0.5mm」と「細字0.7mm」の2モデルになります。

 インクの出が良いので、文字がかすみにくいのが特徴。書き始めでも綺麗に書くことができます。 

顔料インクを使用しているため、耐水性も十分。就活の際に安心して使う事のできる1本です。

インク種類  ゲルインク
インク色
ペン先収納 ノック式 
ボール径   0.38 / 0.5 / 0.7 / 1.0
重さ
価格の目安 ¥100(税抜) 

【この商品に関する口コミ】

 しっかりとインクがでるので、筆圧が弱くても力強い字を書くことができます。紙にピタッと吸着するような書き心地!

【第1位】三菱鉛筆 ジェットストリーム スタンダード 0.7mm 黒

 就活生におすすめしたい履歴書用ボールペンのおすすめランキングの見事1位に輝いたのは、三菱鉛筆から発売されている「ジェットストリーム スタンダードです。

 ラインナップは、「0.38mm」「0.5mm」「0.7mm」「1.0mm」の4種類で展開していますが、ジェットストリームで書いた文字はすっきりとした印象を与えるので、履歴書記入に使用するのであれば0.7mmがおすすめ!

低粘度の独自の「ジェットストリーム インク」を採用し、筆記抵抗を大幅に軽減。水性ボールペンのようなひっかかりのないスラスラとした書き味が魅力です。

 加えてインクが乾く速さも抜群!せっかく書いた長文の志望動機に手が触れて、滲んでしまうなんてことがありません!

なるべく丁寧に、そして綺麗な文字で面接官に切に願う就活生のみなさんに、ぜひぜひおすすめしたい1本です。

インク種類  油性
インク色
ペン先収納 ノック式 
ボール径   0.7mm
重さ 約9.3g
価格の目安 ¥150(税抜) 

【この商品に関する口コミ】

書いたらすぐに乾いてくるので、記入したてのエントリーシートを複数枚に重ねても問題ありません。価格も高くないので、無くしてしまったのでショックが少ないのが助かります!


履歴書を書く際の注意点

 ボールペンを選んだら、さっそく履歴書やエントリーシートを記入していくことなりますが、書き始める前にやるべきことがあります。

ボールペンのインクの出を確かめる

記入に使用するボールペンの出を必ず確認するようにしましょう。

ボールペンは書き始めが最もインクの出が悪くなっています。そのためすぐに書き始めると、インクが上手く出ずに文字がかすんでしまうことがあります。

不要な用紙に試し書きを行ってから、履歴書に記入を初めてくください。 

間違えた時は必ず書き直す

いくら注意しつつ記入を行っていても、文字を間違ってしまうことはあります。

修正液や修正テープを使用して、書き直そうとする方もいらっしゃるかもしれませんが、これはNGです。

書き直しは意外と面接官の目に付きますし、プラスに作用することはないと考えた方が良いでしょう。

多少面倒かもしれませんが、別紙に最初から書き直しを行ってください。

まとめ

今回は、履歴書を書くのにおすすめのボールペンをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

目指している企業に入社するために大切な履歴書。できるだけ綺麗な状態で面接官に目を通してもらいたいですよね。

そのために、ボールペンをしっかりと選ぶことが大切です。

今回ご紹介したランキングを参考に、ボールペンを選んでみてください。

最新情報をチェックしよう!