モンブランのおすすめボールペンをご紹介!人気の理由や口コミや評判まで詳しく解説していきます!

ボールペンが好きという方ならば、必ずといっても過言ではないほど有名な「モンブラン(MONTBLANC)」というブランド。

ヨーロッパアルプスの最高峰であるモンブラン峰から名前が付けられ、ペントップには頂上の雪を表したホワイトスターというシンボルマークが刻印されています。

今回は、そんなモンブランのボールペンについて徹底的に解説!

ユーザーの口コミや評価、「マイスターシュテュック」「スターウォーカー」などの人気おすすめモデルもご紹介していきます。

ボールペン選びに迷っている人は、必見です!




モンブランってどんなブランド?

モンブラン(MONTBLANC)は、「筆記用具の最高峰」とも称されるドイツで生まれたボールペンブランドです。

高い技術力を生かし、伝統を守り続けるクラフトマンシップによって、一流の証「ステータスシンボル」としての地位を確立しているブランド。

モンブランの筆記用具を持っているだけで、「おっ!なんかこいつ違うな!」と思わせてしまうような、そんなブランドです。

1993年にスイスのリシュモングループに買収が行われてからは、筆記用具のみならず「腕時計」「ジュエリー」「レザー製品」「スマートデバイス」など、様々なジャンルの商品を展開しています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Montblancさん(@montblanc)がシェアした投稿


モンブランのボールペンが人気の理由 

そんな伝統あるモンブランというブランドですが、人々から愛される理由はどこにあるのでしょうか?

モンブランを愛するユーザーの多くの方から「細部までこだわりのある作りはモンブランだけ」という言葉を耳にします。

モンブランは、クラフトマンシップ(職人の技)を非常に重視したモノ作りが行われています。一本ずつ職人の手によって、丁寧に作られており、固有のシリアルナンバーが存在。

世界にたった一つしかない自分だけのボールペンという所有欲が、多くのユーザーを虜にする要因と言えるでしょう。

モンブランのボールペンの種類

 モンブランは15近いシリーズでボールペンを展開しています。

  1. マイスターシュテュック
  2. スターウォーカー
  3. PIX

今回はその中でも、特に人気の高い3シリーズをピックアップ。シリーズの特徴を解説していきます。

マイスターシュテュック

モンブランを一躍、世界的な筆記用具ブランドへと成長させたのが「マイスターシュテュック」です。

モンブランの歴史は、「マイスターシュテュックの歴史」といっても過言ではないほど、有名なシリーズです。

高級ボールペンの代名詞ともいえる「マイスターシュテュック」は、絶対に失敗ができない重要な商談やミーティングにおすすめです。

1924年に発売されて以来、ほどんど変わらないクラシックなデザイン。

他のボールペンでは、出すことのできない圧倒的な重厚感があり、多くのビジネスパーソンに愛されてきた1本です。

価格の目安 ¥43,000~¥120,000
 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KIYO_1124さん(@kiyo_1124)がシェアした投稿

スターウォーカー

 重厚感のあるマイスターシュテュックと並び、人気が高いのが現代的なフォルムの「スターウォーカー」です。

最大の特徴は、半透明な特殊キャップ。モンブランのシンボルである「ホワイトスター」が浮き上がる仕様になっています。

グリップ部分には膨らみが持たせてあり、上手く手に馴染みやすくなっています。

重厚感は抑えつつ、スタイリッシュで仕事でもプライベートでも使えるボールペンを探している方におすすめです!

価格の目安 ¥38,000~120,000

PIX

高級ブランド「モンブラン」 のボールペンの中では、リーズナブルの価格で購入することができるのが「PIX」というシリーズです。

目安としては、2万円代の後半を意識しておくと良いでしょう。

実用性や機能性にこだわったドイツのバウハウスの影響を受けたデザインになっており、シンプルな作りで使いやすいのが特徴です。

「ホワイト」「レッド」「グリーン」「グレー」「ブラック」「ブルー」などカラーバリエーションが豊富。

他のシリーズよりもボディが小さいので、男性にも女性にも人気の高いシリーズになっています。

価格の目安 ¥27,000~28,000
 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆかりさん(@yukarinko82)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Montblanc_JPさん(@montblanc_jpn)がシェアした投稿


モンブランのおすすめボールペンランキング

数あるモンブランのボールペンから、「絶対に買うべきおすすめのボールペン」を厳選してご紹介していきます!

 実際に使用しているユーザーの口コミや評価も参考にして、あなたにぴったりの1本を見つけてください!

第1位:ボールペンの王様「マイスターシュテュック クラシック 」

 モンブランのおすすめボールペンのナンバーワンは、筆記用具の最高傑作とも謳われる「マイスターシュテュック クラシック」を選出!

プレシャスレジンと呼ばれる特殊な樹脂を採用し、光沢感のある深い黒を実現

他のボールペンにはない圧倒的な存在感があり、オーナーの所有欲をみたしてくれます。

価格はやはり高いですが、重要な商談やミーティングでも堂々と使える一流のボールペンです。

「プラチナ クラシック」「ゴールドコーティング」の2モデルで展開しています。

価格の目安 ¥50,000~
軸径 約12mm
サイズ 約140mm
重量 約23g
ペン収納 ツイスト式
おすすめユーザー  男性

【この商品に関する口コミ】

上司の勤続20周年のお祝いにプレゼントしました。とても喜んでもらえたので正解でした!

「プラチナ クラシック」はどんなシーンでもよく似合います。写真で見た時よりも、実物は何十倍もの高級感を感じました。最高の逸品です。

つくりの丁寧さを感じます。クリップの裏面にも刻印があり、見えない部分にも手を抜かない、まさしく傑作です。

海外製の高級ボールペンは、書き味が悪いことが多々ありますが、モンブランは全く問題ありません。ペン軸のバランスが良いので、書きやすい!

インクは適度な粘り気があって、スムーズに筆記することができます。モンブランならではの充実感があります。

高級ボールペンは、重いというイメージがありますが、マイスターシュテュックはとっても軽量。普段使いでも問題ありません。

ボディの部分に指紋が付いてしまうのが残念。メガネ拭きでケアをする必要があります。

第2位:カッコよさを重視するなら「スターウォーカー ミッドナイトブラック」

王道の「マイスターシュテュック クラシック」に続いてオススメしたいのは、「スターウォーカー ミッドナイトブラック」です。

「未来のエリート」をコンセプトに設計され、モンブランの伝統的なクラシックモデルを現代風にアレンジしたのが、こちらの1本と言えるでしょう。

最大の魅力はなんといっても、ペントップの透明のドームにあります。 中から浮かびあがる「ホワイトスター」のカッコよさは抜群!ついつい人に自慢してしまいたくなるようなボールペンです。

 マイスターシュテュックと比べると、重厚感では劣りますが、「おしゃれさ」ではコチラの方が優れているといえるでしょう。

仕事からプライベートまで、幅広い用途で使っていくことのできる1本です。

価格の目安 ¥40,000~
軸径 約12mm
サイズ 約140mm
重量 約29g
ペン収納 ツイスト式
おすすめユーザー  男性・女性

【この商品に関する口コミ】

重さが程よくて、使いやすさを感じています。ヌルヌルとしたインクの感じが好きです。

透明のドームから見えるホワイトスターが、とってもオシャレ!

第3位:上品でエレガントな1本「PIX レッド」

 

 

 第3位にオススメしたいのは、バウハウスの影響を色濃く受けた「PIX レッド」がランクイン。

鮮やかな朱色をベースとしながらも、ペン先やクリップにゴールドのアクセントがあることで、上品でエレガントな雰囲気を出すこができます。

 グレーやブラックの手帳と並べると「可愛さ」「美しさ」がより際立ちます!

仕事やプライベートでボールペンを頻繁に使うというの方に是非おすすめしたいモデルです!

また「レッド」の他にも、「ホワイト」「ブラック」「エメラルドグリーン」など計6カラーで展開されているので、お好きな色から選ぶことができます。

価格の目安 ¥40,000~
軸径
サイズ
重量 約20g
ペン収納 ツイスト式
おすすめユーザー  女性
【この商品に関する口コミ】
年齢に関係なく使用できるボールペン!さすがモンブランのボールペンです。デザインが良くて、高級感を感じます。

モンブランのボールペンに関するQ&A

 

 モンブランの店舗を教えてください!

「ボールペンを試し書きしたい!」「実際のカラーを見てみたい!」という方も多いのではないでしょうか。

 モンブランのボールペンは、大型の百貨店やデパートの文具店で取り扱いがあります。

  • 大丸
  • 三越
  • 伊勢丹
  • 高島屋
  • 小田急百貨店
  • 松坂屋
  • 阪急百貨店

この他にも多数、取り扱っている店舗は存在します。詳しくはモンブランの公式ホームページを確認してください。

モンブランのボールペンの保証期間や修理方法について教えてください。

決して安い買い物とはいえないモンブランのボールペン。壊れてしまったときのために保証期間や修理方法が気になりますよね。

モンブランのボールペンは、購入日より2年間の保証期間が設けられています。

保証期間中に発生したボールペンの不具合については、修理や部品の交換を無料で行ってくれます。

ただし、製品を送付する場合の送料はご自身での負担になるようなので注意が必要です。

修理の手順

  1. 最寄りのモンブランブティック・販売店・サービスセンターに連絡
  2. カスタマーサービスの技術者がボールペンの状態を確認
  3. 2~3週間で修理を完了し、製品を受け渡し

モンブランのボールペンの書き味は?

モンブランのボールペンは、紙にひっかる感じがなく滑らかに書くことができます。

国産のボールペンで流行りの低粘度インクとは異なり、粘り気のある油性インクを使用しています。

書き始めや長期に使用していなかった場合は、若干の掠れがでますが、気にならないレベルです。

また職人により精巧に作られているため、ボールペンががたつくことがありません。そのため、安定したペン運びができるのも嬉しいポイントです。

 ブランドの歴史について詳しく知りたい

モンブランは初めて万年筆の製造を開始した年から数えると、110年以上経っており、非常に歴史あるブランドです。

創業時から現在に至るまでの年表を作成しましたので、参考にしてください。

年号 できごと
1906 ハンブルグの文具店主とベルリンのドイツ人エンジニア2人で万年筆を製造開始。
 1908 「ハイクラスのゴールド万年筆を作る」をキャッチフレーズに掲げて 、「シンプロ フィラーペン カンパニー」を設立。
1910  万年筆「モンブラン」を発売。 ペン先とヨーロッパアルプス最高峰のモンブランの姿が似ていることから名付けられる。
1913 「ホワイトスター」のマークが商標登録。このマークはモンブランの山頂を覆う雪を表している。
1924 世界で最も有名な筆記具ともいわれる「マイスターシュテュック」を発売。
1929 マイスターシュテュックのペン先に、モンブラン峰の標高である「4810」が刻印される。
1934 世界的に普及していた「モンブラン」の名前を正式な社名に採用。「モンブラン シンプロ GmbH」となる。
1935 レザーグッズメーカーの買収をきっかけに、ペンポーチやノート、筆入れなどのレザー製品の製造を本格化。
1949 世界的なヒット商品になる「マイスターシュテュック149」を発売。
1955 「60ライン」を発売し、マイスターシュテュック同様にヒット商品になる。
1963 アメリカ大統領のジョン・F・ケネディが、署名の際に万年筆が見つからなかった西ドイツのアデナウアー首相に「マイスターシュテュック149」を貸し出す。
1993 スイスの装飾品メーカー「リシュモングループ」の傘下になる。

まとめ

筆記用具ブランドの最高峰ともたたえられるモンブランのボールペンをご紹介してきました。

職人の手で丁寧に作られたモンブランのボールペンは、他のブランドでは真似することのできない重厚感のあるものになっています。

一流のボールペンブランドだけあって、価格は高いですが、ワンランク上の大人になるために、奮発してみてもいいかもしれません。

最新情報をチェックしよう!